パナソニックのイヤホン RP-HJE150 買いました

スマートホンの付属品だったイヤホンが壊れて買い替えを考えていたところ、とりあえず100円ショップのイヤホンを試そうとしたため、購入が遅くなってしまいましたが、やっと買うことができました。



Amazonでも購入者レビューの評価が高く、人気商品となっていて、今ではプライム会員専用の商品です。
価格は627円。
プライム会員専用なので、送料は掛かりません。
他で買おうとすると、どうしても送料込みで1,000を超えてしまいますので、Amazonで購入がおすすめです。

購入したのは黒なので、商品番号がRP-HJE150-K、最後の「K」が色を表わしています。
色は12色から選べます。

もし Amazon で購入するなら、1つだけ絶対に気を付けてほしいことがあります。
「Amazon.co.jp限定」と「通常版」が同じページで選べるようになっていますので、必ず「通常版」を選ぶことです。

SC17428145851.png

Amazon のレビューの中で音質があまり良くないと書いている人は、間違いなく「Amazon.co.jp限定」の方を購入しています。
これは、「Amazon.co.jp限定」の方が音質が悪すぎるということではなくて、その価格帯のイヤホンの性能と考えれば妥当な品質なのですが、「通常版」のRP-HJE150の性能が価格に対して良すぎるということなんです。

SC17428154849.png

上の表は、2つの製品の仕様を比べた表です。
ドライバーユニット、音圧感度、再生周波数帯域が音質に関わるものですが、いずれも「通常版」RP-HJE150の方がいいです。
特に再生周波数帯域が大きく違います。
Amazon.co.jp限定のHJE122は、この価格帯の一般的な数値ですが、HJE150は低音・高音共に広い範囲を再生できるという数値になっています。

では実際に、RP-HJE150で音楽を聴いてみるとどうかですが・・・

第1感は、「音がこもっている?」という感じを受けました。
Amazonのレビューでそのように書いている人がいました。
表現が難しいですが、低めの音が「ボワーン」と漂っている感じ?

でもこの「こもっている」という感じが何なのかは、すぐにわかりました。
低音(とくにベースギターの低音)が響いているのを、そう感じていたのです。
それが分かると、ベースギターやドラムの低音がしっかり聞こえてきて、「こもっている」という感じは消え去りました。

低音に限らず、全体的に言えることは、いろいろな楽器の音が、とにかくよく聞こえるということ。
そのせいで、音楽がとてもデラックス(豪華)に聞こえます。
音が力強いので、カッコいい曲はよりカッコよく、疾走感のある曲は疾走感が増し、バラードは音が豊かに響きます。
ボーカルは人間の声の周波数を考えると、イヤホンの性能は影響しにくいと思うのですが、イメージとしてはボーカルに艶が出るような気がします。

これまで、せいぜい1000円~2000円程度の安いイヤホンしか使ったことがない耳での感じ方なので、言いすぎている部分もあるかもしれませんが、イヤホンでこんなに違うんだと、少し感動してしまいました。

イヤホンは2~3万円するようなものもあって、きっとその辺の製品はもっとすごいのでしょうが、そんなにお金をかけられないという人は、ぜひこのHJE150を試してみてほしいです。
決して損はしないはずです。

あとは、安さの理由と思われることですが、まずは見た目が安っぽいです。
コードとかプラグは100円のものと大して変わらないように見えます。
(これも言い過ぎかも)
再生・音量調節などのボタンもありません。
このあたりが安さの理由だと思います。

気になるのは耐久性ですが、他のイヤホンではAmazonのレビューで「すぐに音が出なくなった」というのは見かけましたが、このイヤホンでは書いている人がいないので、少し期待できるかなと思っています。
とはいえ試してみるしかないですが、余計なものが付いていない分、断線のリスクも低いかもしれません。

もし使っていて音がでなくなるとか故障が発生したら、ここに書くことにします。

安くても少しでも音のいいイヤホンが欲しいという人は、ぜひ選んでみてくださいね。

Amazonで購入する場合は、プライム会員専用の商品なので、これを機にプライム会員になるのもいいかも。
SC1742903936.png

→ レコチョクで探す

 ↓ クリックお願いします ↓

アニメソング ブログランキングへ


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック