悲しくてやりきれない★コトリンゴ★アニメ『この世界の片隅に』

71曲目の神曲は、「悲しくてやりきれない」。
劇場版アニメ『この世界の片隅に』の主題歌です。

もともとは1968年にリリースされた「ザ・フォーク・クルセダーズ」の曲ですが、先日(11月12日)公開された『この世界の片隅に』の主題歌として、コトリンゴのカバーが採用されています。

独特の雰囲気を持った曲ですが、コトリンゴの静かで淡々としてけだるい感じの歌い方が、悲しくやりきれない気持ちをうまく表わしていて、この歌はこの人が歌うべきだと思えます。

さて映画の方はというと、公開から今日で10日ですが、すごく評判がいいです。
ぼくはまだ見ていませんが、いろいろな人の感想を読むと、「戦時下の庶民の暮らしを描いた温かい物語」「戦争の悲惨なシーン」「劇場の所々からすすり泣き」「テンポのいい早い展開」など、どうもよくわからない・・・
だけど見てみたい、見ておかなければならないと感じる映画です。



歌:コトリンゴ
作詞:サトウハチロー
作曲:加藤和彦
リリース:2016年11月9日



518nM2QBTiL._AC_US160_.jpg
 ↓ クリックお願いします ↓

アニメソング ブログランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック