値段の割に音質が良さそうなイヤホン(1,000円以下)

最近1年間くらいは、スマートホンを買ったときに付いていたイヤホンを使っていましたが、右側の音が途切れ途切れになってきました。
きっと、どこかで断線しかけています。
これまで使っていたものも同じように、使っているうちに音が聞こえなくなって、その度に買い替えています。
直してやろうと分解したこともありましたが、結局どうにもなりませんでした。

やはり、消耗品と考えて買い替えるしかないでしょう。

そこで、どのようなイヤホンを選ぶか悩むところですが、音質を求めるなら、単純に値段の高いものを選べば間違いないでしょう。(たぶん)
でも、寿命はたいして変わらないような気もしますし、そもそもお金に余裕がない。
消耗品と考えるなら、安くてそこそこ音質のいいものを選びたいということになります。

というわけで、今回は1,000以下という条件で探してみたいと思います。


🏁 音質に関わりそうな仕様について

購入する際に、イヤホンの音質について参考になりそうな数値は、以下のようなものがあります。

・再生周波数帯域(数値の幅が広い方がよさそう)
・音圧感度(数値が大きい方がよさそう)
・インピーダンス(数値が大きい方がよさそう)

ただし、測定方法がメーカーによって異なっていたりするので、あまり当てになりません。
また、商品によっては記載ないものがあったり、1つの数値だけで音質を判断することが出来ないので、あくまでも参考程度と考えるべきです。


🏁 100円均一のイヤホンはどうか

1つ買ってみました。
期待はしていませんでしたが、やはり音質は最低レベルだろうと思います。
ぼく自身、そんなに音質にこだわりがあるわけでもなく、細かい差を聞き分ける能力もないですが、ずいぶん違うものだなと感じました。
それでも税込108円だし、音楽は楽しめるので、我慢して使おうと思いましたが、次第に「もう少しましなものが欲しい」という気持ちが強くなってきました。


🏁 Amazonで探してみる

Amazonは2,000円未満の注文は送料350円がかかるので、送料が無料になるAmazonプライム会員(年会費¥3,900(税込))になってしまうのも、いいかもしれません。
2,000円未満の注文が11回で送料が3,850円になるので、年間それ以上利用する人はプライム会員になっていた方がよさそうです。
音質は試すことができないので、記載されている製品の仕様と、購入者のレビューに頼ることになりますが、製品の仕様は当てにならないので、購入者のレビューを頼りに「値段の割に高音質だった」という意見の多かったものを探してみました。



今の価格で627円(税込)となっています。
購入者のレビューでは、「値段の割に音質がいい」という意見が多かったです。

気を付けなければいけないのは、「通常モデル」と「Amazon.co.jp限定モデル」があるということです。
「Amazon.co.jp限定モデル」は評判が悪いので、「通常モデル」を選ばないといけません。

通常モデルは、再生周波数帯域:6-23,000Hz、音圧感度:100dB/mW
Amazon.co.jp限定モデルは、再生周波数帯域:20-20,000Hz、音圧感度:96dB/mW
やはり、通常モデルの方がよさそうです。

型番RP-HJE150-Wの最後の「W」は、white(白)を表していて、全9色の中から選べます。


他に、購入者レビューでなかなか良さそうなのが、下の2つです。


参考価格:2,138円が、58%OFFの891円(税込)になっています。
再生周波数帯域:10~22,000Hz



参考価格:905円が、42%OFFの527円(税込)になっています。
再生周波数帯域:16~20,000Hz


🏁 楽天市場で探してみる

楽天市場も購入者のレビューが表示されているものもありますが、Amazonと比べると少ないです。
なので、音質の判断が難しいです。
送料はメール便利用で無料となっているものも多いので、その中にいいものが見つかれば、安く購入することができます。

Amazonで見つけた3つは、同じものが楽天市場でも見つかります。
楽天ポイントを貯めている人は、値段によってはこちらで購入した方が、いいかもしれませんね。



その他を探してみました。


価格は税込820円。
送料が別に540円かかるので、計1,360円と目標の1,000円を超えてしまいます。
購入者のレビューがなかったので、他のサイトでレビューを探してみましたが、悪くはなさそうです。
再生周波数帯域:5~24,000Hz、音圧感度:99dB/mWは当てにならないとしても、良い数字です。



価格は税込980円(送料無料)。
再生周波数帯域:20~22,000Hz、音圧感度:93dB/mWは、あまり良い数値ではないですが、他のサイトでのレビューはまずまず。
ただし、耳の上からまわして掛けるシュア掛けという使い方をしないと、フィットしないという情報がありました。


🏁 高級品も見てみる

ぼくは買いません、いや買えませんが、高いものだと10万円を超えるものもあります。
仕様があまり書いてなかったりするのですが、高価なもので仕様の書いてあるものだと、こんな感じ。

周波数特性 : 8~41,000Hz ( -3dB ) 5~46,500Hz ( -10dB )
インピーダンス : 16Ω
感度 : 125dB

さすがに、数値も1,000円以下のものとは、ずいぶん違います。
一度は聴いてみたい、いつかは買ってみたいものです。



いろいろ調べて結論としては、パナソニック  RP-HJE150-Wが良さそうかなと思っていますが、どうでしょうか。

下は、パナソニック  RP-HJE150-R、色違いの赤です。

パナソニック カナル型イヤホン レッド RP-HJE150-R

新品価格
¥627から
(2016/11/1 16:38時点)


 ↓ クリックお願いします ↓

アニメソング ブログランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック